食べて寝る

食べて寝て病気で寝てます。ほかに本を読んだりイベントに行ったりしています。

面白くて眠れなくなる人体を読みました

面白くて眠れなくなる人体を読みました。

おススメ星 ☆☆

ラーメンを食べると鼻水が出るのはなぜ?というちょっと身近な疑問から、力士は肩こりが少ないなどのネタまで、人に話したくなるというコンセプトを元に、人体のちょっとした知識が書かれています。

表紙には、脳の錯視を体感できる仕組みが施されています。青いキャンディーが実は灰色だったとは…。

人体のマメ知識だけではなく、ギリシャ神話と医療の関係にもちょっとだけ触れています。
ネーミングには神話も関わっていることが意外と多い、という話はいくつか例と共に解説されていて、医学用語をもっと知りたいと思うきっかけになりました。

医療に関する客観的な事実を淡々と書いているのと(医療に関しては勝手な憶測が入ってはダメなのでこれでいいのだけれど)
医療の専門用語が多く、それに対しての解説がないので素人には?という箇所が多くて、途中で集中力が切れてしまいました。

医療のことを少しでも知っている人はこの本を読まないだろうし…どういう読者を想定しているのか立ち位置がちょっとわからないな…と感じてしまいます。

 

人体を知るという事は、自分自身を知ることでもある。と著者は本の中で書いています。まずは自分の体を知ること、観察することが大事だと。

当たり前に存在している「自分の体」に興味を持ついいきっかけになりました。