読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食べて寝る

食べて寝て病気で寝てます。ほかに本を読んだりイベントに行ったりしています。

まとめて日々の日記

つれづれゲーム日記

1/9

昨日夜、いきなり「牧場物語がやりたい病」が発症したので近くの中古屋さんへ。ゲームコーナーで「牧場物語 ミネラルタウンの仲間たち」を発見して購入。

なぜいきなり牧場物語やりたい病が発症したのだろう?きっかけがさっぱい思い当たらない。寝ようと寝床に入った時にすっと降りてきた。

「ああ…牧場物語やりたい…。」

と。天啓を受けたような書き方になっているが、書いた通りなんの前触れなく降りてきたので仕方ない。思い起こせば初めてプレイした牧場物語はハーベストムーン(PSP)だった。調べたら1999年発売、20年前…嘘だろ…?そんなに前?高校くらいの時にプレイした記憶がある。牧場から街への移動が面倒くさくて1時間くらいで挫折してしまったけれど、今度は最後までクリアできるかな?

 

1/10

友人skypeしている時に漫画ドロヘドロを勧められ、読んでみた所がっちりハマる。

皆キャラが立っていて濃いのだが、特に敵がかっこいい。戦闘狂な心がお気に入り。公式HPの試し読み5話一気に読んでしまった。グロテスクで退廃的な世界観なのにときおり、というかほぼ毎回誰かが何かを美味しそうに食べている。主人公の大好物は餃子でおいしそうにポンポン口に放り込んでいくシーンがとても食欲をそそる。読めば読むほど戦闘が激しくなりポンポン色んな内臓が飛んでいくが、それと同時に餃子が食いたくなる不思議な漫画だ。

次の日twitterで僕も友人も餃子を食べている様子をツイートしていて笑った。

 

1/12

行きつけのお肉屋さんで、200円超える卵を始めて買った。持って帰るときに割らないかハラハラドキドキ。卵に対して敬意と注意をはらいすぎて、帰宅するまで心が卵の殻みたいに繊細になっているのを感じた。

卵を早く味わいたくて、親子丼を作った。憧れの茶色い殻の大きい卵。割った時から色が、黄身の盛り上がりがもう全然違う。

出来上がったものを一口パクリ。うわあ、めちゃくちゃおいしい。コクが甘味がうまみが、この3拍子以外にも何もかもが全然違う。卵じゃないけど肉は柔らかいし最高においしかった。ああ、おいしいおいしいと言いながらお腹いっぱい食べた。

明日は卵かけごはんにする予定。寝る前からご飯のことを考えることが楽しい。今この文章を書いている途中でも、次はオムライスにしようか、その次は目玉焼き?と卵を使った料理が頭の中を右から左へと抜けていく。もう黄身のことしか考えられてない。

いつもドンキで買ってる特売の卵が記憶の中で薄れていく…。もう戻れない予感。